Home > TOTOについて > ニュースリリース > 2013年9月

要介護者の自立排泄をサポートし、介助者の負荷を軽減するベッドサイドトイレ

戸建住宅・高齢者施設(居室)向け
『ベッドサイド水洗トイレ』9月30日(月)新発売

2013年9月10日

TOTOは、介護を必要とする方々の排泄をサポートする戸建住宅・高齢者施設(居室)向け『ベッドサイド水洗トイレ』を 9月30日(月)より発売します。

介助者の高齢化、人手不足、心身的負担は社会問題となっています。中でも排泄においては要介護者、介助者双方にとって負担になるだけでなく、要介護者の個人の尊厳にも関わる大きな課題でもあります。『ベッドサイド水洗トイレ』は水洗トイレでありながら、今まで設置しづらかった戸建住宅や高齢者施設の居室ベッドサイドに後付けで設置でき、使う人の状況にあわせて動かすことも可能です。設置の自由度が高い居室内水洗トイレにより、要介護者の排泄における自立促進や、介助者の負荷軽減が期待できます。


一般家庭居室設置イメージ

移動時のイメージ

設置場所イメージ


戸建住宅・高齢者施設(居室)向け『ベッドサイド水洗トイレ』(受注生産品:納期は受注後約2週間)
希望小売価格:¥528,000(税込 ¥554,400)

『ベッドサイド水洗トイレ』は、汚物を粉砕する新開発の「粉砕圧送ユニット」と、給水と汚物搬送を「細い給排水 管」で実現したことが大きな特長です。これらにより、これまで困難とされてきた水洗トイレの後付けが可能となり、 一般的な大便器設置時のような大規模工事をせずに設置できるようになりました。 屋内配管は十分な強度を持つ長さ約 2m、給水 13A(内径 13mm)、排水 20A(内径 19mm)の細径フレキシブルホースを使用しているため、要介護者の状況に合わせたトイレ本体の設置が可能になりました。

本トイレの研究・開発は今後の更なる進化を期待され、経済産業省が募集した「平成 25 年度 ロボット介護機器開発・導入促進事業(開発補助事業)」の重要分野のひとつである「排泄支援」の分野で採択されました。 TOTOは今後も介護の現場のニーズを踏まえ、使いやすさや導入のしやすさを追求して参ります。

「ベッドサイド水洗トイレ」商品紹介ページ
http://www.toto.co.jp/products/ud/bedsidetoilet/

ニュースリリース全文及び高解像度画像は、以下よりダウンロードしてご覧ください。

ニュースリリース全文DL   (PDF/318KB)
高解像度画像
  (LZH 圧縮データ/2.0MB)

以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。