Home > TOTOについて > ニュースリリース

ニュースリリース

一覧へ戻る

世界的なSRI評価会社Robeco SAM社のCSR格付で、 TOTOが「ブロンズ(銅)」クラスに認定

2013年2月18日

TOTOはこのたび、世界の代表的なSRI(社会的責任投資)評価会社Robeco(ロベコ) SAM 社による2013年のCSR格付にて、「ブロンズ(銅) 」クラスに認定されました。

Robeco SAM 社(旧SAM社)は、毎年、世界の企業約2,500社を対象に「経済」「環境」「社会」面から企業の持続可能性について評価を行い、上位15%の企業を「The Sustainability Yearbook」に掲載、その中から特に優秀な企業を「ゴールド(金)」「シルバー(銀)」「ブロンズ(銅)」の3クラスに認定しています。

今回(2013年)は58部門から合わせて226社(うち日本企業は14社)が認定され、TOTOは「Building Materials & Fixtures」部門で「ブロンズ(銅)」クラスの認定を受けました。これは、ESG(環境・社会・ガバナンス)視点で企業活動を推進し、特に環境負荷低減への取り組みやステークホルダーとの継続的な対話などが評価されたものです。

なおTOTOは、旧SAM社によるSRI評価である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(DJSI World=Dow Jones Sustainability World Indexes)」にも直近2年連続で選定されています。




TOTOは、2017年の創立100周年に向けて、ESG(環境・社会・ガバナンス)視点で企業活動を推進し、“真のグローバル企業TOTOへ”さらなる進化を続けて参ります。


<参考ウェブサイト>

TOTO 環境へのとりくみ

http://www.toto.co.jp/company/environment/


TOTO CSR活動

http://www.toto.co.jp/company/csr/


DJSI World Index(ダウ・ジョーンズ・サスティナビリティ・ワールド・インデックス)に2年連続選定

http://www.toto.co.jp/company/press/2012/09/14.htm  (2012年9月14日発信済ニュースリリース)



社会的責任投資(SRI)とは、投資を行う際に、従来の財務分析による投資基準に加え、 社会・環境・コーポレートガバナンスといった企業の社会的責任や貢献を重視して投資をする方法のこと。

尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。


ページ先頭へ