Menu

TOTOの歴史をさかのぼっていくと、そこには揺るぎない「志」がありました。

創立前史 ~1916

TOTOの歴史はほぼ100年前にさかのぼります。
日本陶器合名会社(現ノリタケカンパニーリミテド)社長の大倉和親は、海外の進んだ生活文化に触発され「快適で清潔な生活空間を提供したい」という思いを抱きました。そして1912年、衛生陶器を開発するための製陶研究所を設立。まだ日本には下水道の概念さえ浸透していなかった時代でした。
製陶研究所で試作を繰り返し、その2年後に国産初の「陶製腰掛水洗便器」が完成しました。

1912年に設立された製陶研究所
1912年に設立された製陶研究所

TOTO株式会社 初代社長 大倉和親
TOTO株式会社 初代社長 大倉和親

第1世代 1917~1946

この陶製腰掛水洗便器を普及させ、生活文化の向上や社会の発展につなげることを目指し、1917年に東洋陶器株式会社(現TOTO株式会社)を設立しました。
衛生陶器の需要がゼロに近い当時、食器の生産・販売を続けながら、新規開拓を続けました。
衛生陶器は付属金具とセットでその機能を発揮するものです。そのため、より高品質な商品の提供を目指し、水栓金具を自製化、1946年に生産をスタートさせました。

国産初の「陶製腰掛水洗便器」
国産初の「陶製腰掛水洗便器」

1946年に水栓金具の生産を開始
1946年に水栓金具の生産を開始

第2世代 1947~1976

『先人の言葉』
戦後の高度成長とともに生活スタイルが大きく変わったこの時代、TOTOは事業を浴室、洗面化粧台へと広げていきました。
事業の拡大を進める中でも、TOTOには脈々と受け継いできた思いがありました。初代社長大倉から二代目社長の百木三郎に送られた『先人の言葉』。常に「良品の供給」と「お客様の満足」を志し、「奉仕の精神」を貫き、社会の発展に寄与するよう努めたい、というこの思いを、1962年に「社是」として制定。この思いは、現在も社員一人ひとりの心に刻まれています。

第3世代 1977~2006

機械遺産に認定された初代ウォシュレットG
機械遺産に認定された
初代ウォシュレットG
1980年、温水洗浄便座「ウォシュレット®」を発売。この初代ウォシュレットは「おしりを洗う」という、日本の新しいトイレ習慣を創造しました。
以降、給湯機、システムキッチン、内装タイルと、トイレ空間から水まわりの住宅設備機器全般へと事業を広げ、1993年には、お客様の「困った」を「良かった」に変える提案「リモデル」へと歩みを進めたのです。

第4世代 2007~

ドイツでの住宅設備展示会「ISH」に出展
ドイツでの住宅設備展示会
「ISH」に出展
2007年、社名をTOTO株式会社へと変更し、よりグローバルな市場へと向かう現在に至ります。
私たちは、各国・地域の生活文化を尊重し、その土地にあった商品を現地で生産し、販売する体制を構築しています。各国・地域でナンバーワンのブランドとして認知されていく。真のグローバル企業とは、そういうものだと、私たちは考えています。
Share

CLOSE