トートーの企業情報ページです。
TOTO HOMETOTOについて環境へのとりくみ社会貢献のとりくみTOTO水環境基金
本文です

TOTO水環境基金 水と暮らしの関係を見直し、再生することをめざした創造的な市民の取り組みを支援しています。

更新情報

2014年4月10日 NEW
募集中の活動を追加しました
助成団体交流会の情報を追加しました

2014年2月26日
第9回助成団体を決定しました ニュースリリースはこちら
募集中の活動を追加しました

2013年7月30日
第9回応募書類を掲載しました
助成金セミナー情報を掲載しました

2013年7月23日
募集中の活動を掲載しました
12〜4月の活動レポートを掲載しました
第7回助成団体活動報告を掲載しました

2013年2月13日
第8回TOTO水環境基金の助成団体を発表しました

2012年12月26日
10〜11月の活動レポートを掲載しました

募集中の活動

東京都練馬区

白子川源流の水辺環境の保全
(主催:白子川源流・水辺の会)

「里山の小川」のような親しみやすい水辺が、白子川の源流には残っています。
湧水の清流にカワセミやコサギがやってきて、川底では魚影がキラリと光り、人気者のザリガニも子どもたちの相手をしてくれる・・そんな身近な水辺が一級河川・白子川の源流(練馬区立大泉井頭公園内)です。絶滅危惧種のホトケドジョウも元気です。
「白子川は私の川だよ」と川を“溺愛”している流域の人たちが集まって、2001年から川掃除や水質調査などの活動を続けています。
白子川はどなたでも優しく迎えてくれるはずです。ひとつ、肩ひじはらずに、楽しくみんなと力をあわせて、人の役に立つことをしませんか。地域に根ざした環境活動をしてみませんか。
皆さんのご参加を心よりお待ちしています。

活動名 白子川源流の水辺環境の保全
開催日 2014年4月27日(日)
2014年5月25日(日)
2014年6月22日(日)
午後1時30分〜4時頃まで
(受付時間:午後1時〜)
定員 5名
申込期限 開催日の1週間前まで
集合場所 東京都練馬区立大泉井頭公園内(白子川源流)の井頭橋 地図
アクセス 西武池袋線大泉学園駅または保谷駅より徒歩10分
服装・携行品等 作業しやすいラフな服装、ビニール手袋、軍足または厚手で長めのずり落ちない靴下
「つなぎ」を会にてご準備いただきますので、厚手の靴下をご用意ください。
雨天時の対応 小雨実施
お申し込み
広島県大竹市

こども森林ボランティア養成講座「もりメイトキッズ」
(主催:NPO法人もりメイト倶楽部Hiroshima)

松ヶ原フィールドを環境教育の場として、「もりづくり活動体験を通じて豊かな心と森を育てていこう」と呼びかけ、手つかずの荒れた森を皆様とともに整備を進めてきました。
今年は、「身近な森の恵みを楽しもう!」をテーマに4回の活動を実施します。4月の第1回目は「森を探検!グリーンアドベンチャー」、6月の第2回目は「竹のかくれ家、竹の食器づくり」です。多彩な森のスペシャリストや大学生が森の探検やさまざまな体験を指導します。
小学生と家族なら誰でも気軽に参加できるボランティア活動ですので、多くの方のご参加をお待ちしています。

活動名 こども森林ボランティア養成講座「もりメイトキッズ」
開催日 第1回:2014年4月27日(日)
第2回:2014年6月1日(日)
いずれも午前9時50分〜午後3時
(受付時間:午前9時30分〜)
定員 先着 子供約30名およびその家族
申込期限 開催日の1週間前まで
集合場所 広島県大竹市松ヶ原町 地図
アクセス ・廿日市市大野町の大野ICの出口にある大頭神社(妹背の滝)から車で約15分
・JR玖波駅からこいこいバスの松ヶ原小学校停留所から徒歩約12分(幟旗目印)
詳細チラシはコチラ
服装・携行品等 ・長袖・長ズボン・帽子、運動靴または長靴、軍手・タオル・マイ食器
・参加費一人1000円(幼児500円)、昼食・イベント保険含む
雨天時の対応 少雨決行 ※豪雨の場合は中止
お申し込み

活動レポート

2013年4月21日

手つかずで荒れた森を環境教育の場へ

活動地域

広島県広島市

手つかずで荒れた森を環境教育の場へ
「もりメイト倶楽部Hiroshima」では、手つかずで荒れた森を環境教育の場として活用し、「こども森林ボランティア養成講座」と題して、年4回シリーズでこどもたちに森での探検やクラフトなどの楽しい体験を提供しています。今回、その会場を整備するために、散策ロードの枝切りや下草刈りを行いました。慣れない作業で疲れはありましたが、作業中はタケノコを掘ったり、あちこちに咲くツツジや新緑がここちよく、充実した時間を過ごすことができました。

2013年4月20日

毎月恒例の西なぎさ清掃に参加

活動地域

東京都江戸川区

毎月恒例の西なぎさ清掃に参加
「DEXTE-K」が主催する「西なぎさ発:東京里海エイド」にTOTOグループから20名が参加しました。西なぎさに漂着するゴミの多くは荒川と旧江戸川の上流から流れてきたもので、ペットボトルや弁当容器等の生活ゴミが目立ちます。中には注射器、ガスボンベ等の危険ゴミもあります。小さなビニール片やプラスチック片は鳥が食べて死に至るケースもありますので、参加者はみな小さなゴミも残さず拾い上げていました。

2013年2月10日

冬晴れの「ほり干し」で良い汗を流しました

活動地域

福岡県大川市

冬晴れの「ほり干し」で良い汗を流しました
「アクアリング委員会」が主催する「ほり干し」が行われ、TOTOグループから47名がボランティア参加しました。毎年参加している福岡大学の学生ボランティアと地元の方々を合わせると、総勢約100名の大規模な活動となりました。ほりからカメやナマズが引き上げられる度に、子どもたちが次々と驚きと喜びの声をあげていました。 お昼は地域の方々と学生ボランティアが作ってくれた炊き出しをおいしくいただき、清清しい疲労感の中で無事に活動を終えました。

2012年12月1日

ほたるが飛び交う川を目指して、清掃活動を実施

活動地域

福岡県北九州市

ほたるが飛び交う川を目指して、清掃活動を実施
「香月・黒川ほたるを守る会」のメンバーとともに、北九州市八幡西区香月を流れる黒川の草刈りやごみ拾いなどを行いました。当日は寒かったこともあり、予定していた半分ほどしか作業をすることができませんでしたが、作業が終わった後は、地元の皆さんが用意してくださったバーベキューを囲んで楽しいひとときを過ごし、交流を深めることができました。

TOTO水環境基金とは

林道を1時間ほど歩きながらのフィールド活動
私たちTOTOグループは、水まわりを中心とした、豊かで快適な生活文化を創造することで、社会の発展に貢献する企業を目指しています。未来に向けて、大切な水資源を有効に活用して社会が持続的に発展していくためには、節水技術の追求というTOTOの果たすべき役割とともに、NPOをはじめとする市民活動の果たす役割も欠かせません。そこでTOTOは、よりよい社会を築き支え、社会と共生することを目的に、2005年度より「創りだそう!水と暮らしの新しい文化」をテーマとして市民の取り組みを支援することにしました。
助成金による経済的支援だけでなく、TOTOグループ社員の活動参加や情報交換などを通じて、年々活動の輪が広がっています。

いままでの成果

2012年度は16団体を助成し、全国で207回活動が行なわれ、9,724人が活動に参加しました。 開始時期:2005年設立 助成団体:延べ133団体 助成地域:(国内)36都道府県、(海外)7ヵ国 助成総額:1億5,741万円

第7回助成団体の活動結果報告

第7回助成団体(助成期間:2012年4月〜2013年3月)の活動結果報告につきましては、下記活動報告書をご覧ください。

第7回助成団体活動報告書 PDF

第1回〜第7回助成団体のご紹介

助成団体の一覧はこちら

応募書類

第9回TOTO水環境基金の応募書類を掲載しました

■応募要項 PDF
■申請用紙 PDF WORD
■応募期間 2013年8月1日〜9月30日(当日消印有効)
■助成期間 2014年4月1日〜2015年3月31日

第9回助成団体が決定し、2月26日に発表しました。ニュースリリースはこちら
3月11日には、助成が決定した25団体から37名とTOTOのボランティア推進担当者18名、総勢55名が一堂に会し、助成団体交流会を開催しました。「水環境の保全」という共通のテーマで活動する団体同士で情報交換を行い、交流を深めました。
第9回助成団体の活動内容につきましては6月末に、第10回募集概要につきましては7月末に本サイトに掲載する予定です。

■関連コンテンツのご紹介

TOTOどんぐりの森づくり

創立100周年にむけての取り組みとして、2006年度から全グループ社員が参加して「TOTOどんぐりの森づくり」を行っています。

環境フォトレポート

TOTOグループは、各地で環境活動の輪を広げています。地域の方々と一緒に行った活動のレポート写真をエリアごとにご覧いただけます。

サイドメニューです