トートーの企業情報ページです。
TOTO HOMETOTOを知る環境へのとりくみものづくりのとりくみ包装/物流
本文です

環境へのとりくみ
包装/物流

TOTO GREEN CHALLENGEの実現に向け、グループ会社および輸送企業様と協力し、3Rを基本とした「包装資材の削減」、配送効率の追求による「輸送燃料の削減」に取り組んでいます。

包装材料削減の取り組み

建築現場における廃棄物発生量の削減を目的として、3R(リデュース、リユース、リサイクル)を原則としたTOTO独自の包装設計ガイドラインを策定し、積極的に包装材料の削減に取り組んでいます。

  • Reduce(リデュース)…包装を少なくする
    実施例:簡易包装、無包装、セット梱包など
  • Reuse(リユース)…包装を繰り返し使用する
    実施例:通い箱
  • Recycle(リサイクル)…リサイクルに配慮する
    実施例:リサイクル可能な材料の採用、分別廃棄し易い構造の採用など
国内包装材料の削減率(2009年度比)

包装材料削減の事例

『タンク付きウォシュレットの地球と人にやさしい包装』が「経済産業省製造産業局長賞(ジャパンスター賞)」を受賞

TOTOの商品パッケージ『タンク付きウォシュレットの地球と人にやさしい包装』が、公益社団法人 日本包装技術協会の主催する「2012日本パッケージングコンテスト」において、優秀賞「ジャパンスター賞」のひとつである「経済産業省製造産業局長賞」を受賞しました。今回でTOTOは同コンテストにおける最多の13年連続受賞となり、うち「ジャパンスター賞」は3回目、「経済産業省製造産業局長賞」を受賞するのは初となります。

同コンテストは日本パッケージ技術の最高水準を決定するもので、材料、設計、技術、適正包装、環境対応、デザイン、輸送包装、ロジスティクス、販売促進、アイデア等、あらゆる機能から見て年間の優秀作品を選定するものです。

包装材の削減

『タンク付きウォシュレットの地球と人にやさしい包装』では、包装材の役割や機能を整理し、従来の包装と比べ包装材使用量を48%削減、 CO2排出量も129t/年の削減を実現しました。
材料の使用量は減っても、本来持っている保護性や付属品収納機能等はそのまま維持しています。

従来の包装(内側)→今回受賞の包装(内側)

包装部材同士のジョイント材への工夫

包装部材同士を繋げる4ヶ所のジョイント材の着脱も2アクションから1アクションに変更し、着脱が容易になりました。ジョイント材自体も環境に配慮したオール紙製で、1アクションで開け閉めできる結束手段が受賞上のポイントのひとつとなっています。
これらの取り組みにより、包装材料費を約30%削減でき、経済性にも寄与しました。

今回受賞の包装(外側)

日本パッケージングコンテストTOTO受賞事例

年度 受賞 名称 受賞のポイント
2000 ロジスティクス賞*1 多機能便座のリターナブル包装 リターナブル包装
2001 電気・機器包装部門賞 一体形ウォシュレットの省包装 環境対応型包装
2002 ロジスティクス賞 多機能便座のリターナブル包装 リターナブル包装
電気・機器包装部門賞*1 ローシルエットウォシュレットの機能包装 施工性重視包装
2003 ロジスティクス賞 部品移送箱 リターナブル包装
2004 包装技術賞*1 ユニバーサリティパーティション 包装構造
2005 適正包装賞*1 ペーパージョイント 環境対応型包装
2006 適正包装賞 シンプルパッケージ UD、CS包装
2007 電気・機器包装部門賞*1 多数の拠点で流通可能なリターナブル包装 環境対応型包装
2008 電気・機器包装部門賞*1 ウォシュレットの宙吊り包装 包装構造
2009 「ジャパンスター賞-日本 貿易振興機構理事長賞」*1 「TOTOネオレスト」包装 包装構造
2010 「ジャパンスター賞--公益財団法人 日本生産性本部会長賞」*1 “感嘆”施工の「壁掛け便器」包装 包装構造
2011 適正包装賞*1 ”包装材50%OFF”省エネ包装 環境対応型包装
大型重量物包装部門賞*1 リモデル便器の”スリムワンパッケージ” 包装構造
2012 「ジャパンスター賞-経済産業省製造産業局長賞」 タンク付きウォシュレットの地球と人にやさしい包装 包装構造

*1 「アジアスターコンテスト」アジアスター賞も同時に受賞したパッケージ

大型建築現場向け省包装納入提案

オフィスや病院など大型の建築現場での包装残材削減要望に対し、包装材を極力少なくして現場へ搬入する「省包装納入提案活動」を推進しています。 リターナブル包装・無包装・簡易包装などの省包装を用意し、お客様の多様なご希望にあわせた搬入体制がとれるようにしています。
※商品、現場の条件、納期や地域などによって、対応できない場合があります。

省包装納入の一例

衛生陶器 専用のパレット・治具を使用して無包装で納入

写真(改善前)→写真(改善後)

ウォシュレット 専用の通い箱(自社開発)で納入

写真(改善前)→写真(改善後)

水栓金具、水まわりアクセサリーなど 外箱外し、通い箱で納入

写真(改善前)→写真(改善後)

輸送燃料削減の取り組み グリーン物流を推進

CO2排出量の削減を目的として、輸送燃料の削減に取り組んでいます。積載効率の向上・共同配送など、輸送会社様、販売代理店と連携した輸送の効率化に取り組んでいます。

「国内拠点原単位輸送燃料の削減率(2009年度比)

輸送燃料の改善事例

'12年度より、クリナップグループ様とシステムキッチンの共同配送を段階的にスタートしました。これにより、トラックの積載効率が大幅に向上し、両社でのトラック台数削減が図れています。今後、全国への展開を予定しています。

写真(改善前)→写真(改善後)

輸送燃料の改善事例(ベトナム)

コンテナへの商品の積載方法を見直して、空いたスペースに別の商品を積むことで積載効率を上げました。

広域認定制度による包装材・施工端材の回収〜リサイクルを推進

TOTOは、「廃棄物の処理および清掃に関する法律(廃棄物処理法)」の特例制度である広域認定制度(*1)に基づき、建築現場から排出される梱包材や施工端材(*2)などを回収してリサイクルを行っています。回収物を効果的にリサイクルすることで、環境負荷低減を推進し循環型社会の形成に努めていきます。

*1 「広域認定制度」
産業廃棄物の運搬・処分は、都道府県または政令市ごとの許可が必要ですが、広域認定制度の認定を取得した事業者はこのような許可が不要となる制度です。 商品の性状を熟知した製造、加工、販売等の事業を行う者が広域的に回収・処理を行うことにより、 高度なリサイクル処理や廃棄物の減量が行える場合に、環境省より許可を得ることができます。

*2 「施工端材」
TOTO商品を施工する際に発生する商品の端材などです。

回収対象物

ユニットバスルーム、トイレシステム(ライニングユニット)の梱包材、施工端材

回収対象地域

全国(離島や条件によって回収できない場合があります)
※回収料金は回収対象物や条件によって異なります。

回収・処理のフロー

サイドメニューです