Menu

環境コミュニケーション

Menu

English

TOTOグループは、さまざまな機会を通して、ステークホルダーとの環境コミュニケーション活動を推進しています。

TOTOグループコミュニケーション方針

社会から必要とされる企業であり続けるために、コミュニケーションを通したステークホルダー満足向上に努め、適切で迅速な情報収集や開示・活用ならびにステークホルダーとの協業に努めます。

展示会・イベント出展

環境をテーマとした展示会やイベントに参加し、地球環境問題に対する認知・理解の促進に努めています。

2015年8月環境省主催の「Water Day FESTIVAL 」や10月に開催された「JAPAN Water Style」サミットなどに参加し、来場者の方に水の大切さとTOTOの節水への取り組みを訴求しました。

環境教育をテーマとした次世代育成

次世代を担う子供達に、水資源の大切さや身近な暮らしの節水についてともに考える機会をつくり、環境問題に対する関心・理解を高めてもらうことを目的とした環境教育を実施しています。

小中学校での「出前環境授業」など、さまざまな機会を活用して地域地域で環境教育活動を展開しています。

2015年度実績

小学校での環境授業:実施回数7回 参加人数357名

Webサイトによる環境情報発信

TOTOグループの環境活動について紹介するWebサイト「環境へのとりくみ」と、水まわりから環境問題への関心・認知を高めていただくための情報発信Webサイト「お客様向け環境コミュニケーションサイト」の2つのサイトを用いて、ステークホルダーにむけた環境情報の発信を行っています。

お客様向け環境コミュニケーションサイト

グローバルでの環境情報発信

2016年2月、ベトナムで政府関係者や建築設計関係者向けに開催された「節水ミニマルインフラ設計セミナー」において、節水便器や節水シャワーの導入による環境貢献についてお伝えするなど、グローバルでの環境情報発信を進めています。

各種受賞

日々行なっている環境への取り組みの中で、顕著な効果やご好評をいただいている商品や活動については、各種表彰へ応募し、社外からの評価をいただいております。
2015年度は「エアインオーバーヘッドシャワー」が、環境配慮に優れたデザインに与えられる世界的な賞である、「GREEN GOOD DESIGN AWARDS 2015」などを受賞しました。


【過去受賞表彰(抜粋)】
省エネ大賞、エコプロダクツ大賞、グリーン購入大賞、環境・設備デザイン賞、日本パッケージングコンテスト、ワールドスター賞、アジアスター賞、ロジスティクス大賞など
Share

CLOSE