Menu

地球を汚さない|商品の取り組み

Menu

English

商品の取り組み 環境リスクへの取り組み

有害化学物質削減へのとりくみ

商品に含有する有害化学物質の削減

お客様に提供するすべての商品について、法規制(化審法※1や安衛法※2等)や市場からの要求などに基づき、含有される有害化学物質を削減することで、人体や環境に影響を与える化学物質の影響を最小限に抑えるように取り組んでいます。
また、TOTOグループへ納入される商品・部品等についても同様に、商品に含有される有害化学物質を適正に管理するために、サプライヤーの皆様と連携してグリーン調達を推進しています。

※1 化審法
化学物質の審査および製造等の規制に関する法律

※2 安衛法
労働安全衛生法

VOC(揮発性有機化合物)対策状況

2002年建築基準法が改正され、シックハウス症候群の原因とも言われるVOCが規制されています。
TOTOでは規制対象物質であるクロルピリホスおよびホルムアルデヒドに対して対策を行っています。
現在クロルピリホスは一切使用しておらず、今後もクロルピリホスを塗布、散布、含有する材料は使用禁止としています。
ホルムアルデヒドについては、対象となるすべての商品にホルムアルデヒドの発散が極めて少ない建築材料区分最高等級(F☆☆☆☆)の材料を使用しています。
また、2008年に建材業界、住宅設備業界において自主的に基準の定められた、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレンの4VOC基準についても対応しており、対象商品は、キッチンバス工業会他5団体による住宅部品VOC表示ガイドラインに従って基準を満足することを確認し、「4VOC基準適合(木質建材)」の表示を行っています。

卓越した空気浄化性能による環境貢献(ハイドロテクト)

ハイドロテクトは光触媒を利用し、光や水で地球も暮らしもきれいにする環境浄化技術です。建物などをきれいに保ち続けるセルフクリーニング(汚防)効果や工業や車から排出される窒素酸化物(NOx)を除去する空気浄化効果などを発揮します。

卓越した空気浄化性能

PIAJ
ハイドロテクトは卓越した空気浄化性能を有します。外壁用光触媒塗料「ハイドロテクトカラーコートECO-EX」は性能、利用方法等が適切であるとして、光触媒工業会(PIAJ)より第一号で認証登録されました。

他社性能比較

NOx浄化性能
このハイドロテクトの卓越した空気浄化機能をグローバルに広く展開することで、深刻化する大気汚染問題に貢献しています。

ハイドロテクトの展開・普及

自社商品であるタイル建材・塗料・コーティング材に応用するだけでなく、国内外の100社以上の企業とライセンス契約を結び、幅広い商品に応用されています。
また2009年より、「ハイドロテクト」の普及を通して社会・環境に貢献することを共通目標とするパートナーシップ「ハイドロテクトの輪」をグローバルで推進し、着実に海外展開・普及活動を進めています。現在国内・アメリカ・ヨーロッパを中心に大手建材メーカーにご参画いただいております。TOTOグループはこれからも「環境浄化の輪」を広げて参ります。

ハイドロテクトの輪

ハイドロテクトの輪

ハイドロテクトのライフサイクルアセスメント(LCA)

ハイドロテクト塗料は一般の塗料と異なり、普及すればするほど環境に良い効果が出ます。

環境影響評価の比較(20年使用時)

環境影響評価の比較(20年使用時)

LCA=1つの商品が原材料から最後に廃棄されるまでの全生涯で、環境にどのような負荷をかけるかをすべて洗い出し、数値化したもので、本計算は素材〜使用迄で算出したもの。

【算出条件】
戸建住宅一戸分の外壁(154.9m²)※に、ハイドロテクトの塗り替え年数20年、一般塗料(アクリルシリコン塗料)の塗り替え年数を10年とした場合の環境影響評価をLIME2で実施。※総務庁統計局「平成20年住宅・土地統計調査」、日本建築学会住宅用標準問題「戸建住宅モデル」より、一戸あたりの外壁表面積を154.9m²として算出

Share

CLOSE