ボランティア活動・募金活動

文化・スポーツ活動、青少年指導、体の不自由な方の支援活動、地域活動などにグループ社員がボランティア参加しています。
また、災害発生時や年末には、TOTOグループ労使で連携して募金活動も行っています。

被災地支援活動

「TOTOグループでは、大規模な災害が発生した場合等には、会社とグループ社員が一体となって被災地支援を行なっています。
2016年4月に発生した平成28年熊本地震においては、TOTOおよび海外グループ会社からの義援金1,300万円(日本円相当額)を寄贈し、それに加えてグループ社員有志による募金および同等金額のマッチングギフト総額2,328万円を被災地にお届けしました。その後も募金活動等を継続し、寄贈総額は4,161万円となりました。
また、東日本大震災への復興支援活動も続けています。「TOTOグループ募金システム」による募金活動を継続するとともに、被災地の活性化に寄与する行事の開催・支援や地域FM局の活動支援などを行なっています。
さらに復興庁協働事業である日本財団「WORK FOR 東北」の趣旨に賛同し、社内公募により選出した社員を自治体に派遣しています。第一陣3名の任期終了に伴い2016年4月より新たに2名が着任しています。」

小学校で行われた慰霊イベント
小学校で行われた慰霊イベント

地域の情報を発信し続けている地域FM
地域の情報を発信し続けている地域FM

女川駅の路上での音楽イベント
女川駅の路上での音楽イベント

社員によるスポーツ活動支援

「TOTOグループには、働きながら国際大会や全国大会で活躍する方々を支援する制度があります。
茅ヶ崎工場女子バスケットボール部は社内クラブ活動で発足。徐々に経験を積み、現在は神奈川県、関東実業団連盟から全国へと活動の場を広げています。
TOTO東北販売所属の車椅子バスケットボールプレーヤー萩野真世選手は、2015年車椅子バスケットU25世界選手権大会(北京)の日本代表に選ばれました。総務本部所属のアンプティサッカープレーヤーの星川誠選手は「義足」というハンディにめげず幼少期からサッカーに励み、アンプティサッカーチーム「FC九州バイラオール」に加入。その活躍が認められ、2012年ワールドカップロシア大会に初出場。2014年メキシコワールドカップで、日本代表に2大会連続で選ばれました。 TOTO環境建材事業部所属の外池快太郎選手は2016年「第31回サロマ湖100kmウルトラマラソン兼IAU100km世界選手権2016年日本代表選考大会」において6:40:50の記録で4位となりました。続いて2016年スペインウルトラマラソン100km世界選手権に日本代表として出場し、8位に入賞しました」

茅ヶ崎工場女子バスケットボール部
茅ヶ崎工場女子バスケットボール部

ウルトラマラソンで活躍する外池選手

アンプティサッカーで活躍する星川選手
アンプティサッカーで活躍する星川選手

車いすテニス支援

TOTOは車いすテニスプレーヤーとして世界を舞台に活躍する二條実穂選手を支援しています。また、毎年、北九州市で開催される国際車いすテニス大会「北九州OPEN」には、TOTO硬式テニス部員がボランティアスタッフとして参加し、大会の運営を支えています。TOTO社内に「チェアテニスサポーターズクラブ」を結成し、社員が寄せた会費を大会へ寄付するなど、車いすテニス競技への関心と支援の輪が広がっています。

世界を舞台に活躍する二條実穂選手
世界を舞台に活躍する二條実穂選手

車いすテニス大会「北九州OPEN」の運営をサポート
車いすテニス大会「北九州OPEN」の運営をサポート

サポーターズクラブのメンバーとともに
サポーターズクラブのメンバーとともに

工場での地域交流

日ごろお世話になっている地域の皆様への感謝の気持ちを込めて、毎年、全国の工場で「TOTO夏まつり」を開催しています。工場ごとに趣向を凝らしたイベントを企画し、社員が中心となって露店等を運営して、地域の方々とのコミュニケーションを図っています。
また、地域の方々にTOTOのものづくりへのこだわりをお伝えするために、工場見学の受け入れや工場リモデルフェアの開催等を行っています。

台湾東陶の夏まつり
台湾東陶の夏まつり

来場者で賑わうTOTOマテリアの夏まつり
来場者で賑わうTOTOマテリアの夏まつり

工場リモデルフェアの様子
工場リモデルフェアの様子
Share

CLOSE