Menu

衛生的かつ快適な生活環境づくり

Menu

English

水まわりのユニバーサルデザインの推進

TOTOのUD研究所では、「人」と「使いやすさ」についての基礎研究を行っています。他の研究機関、行政、異業種などとも連携して、産学連携の共同研究や国内外での研究発表を行い、ユニバーサルデザインの基盤づくりを進めています。


TOTOのユニバーサルデザイン


医療福祉施設のトイレに関する調査・研究

医療福祉施設のトイレは、単なる排泄の場ではなく、検査や健康チェック、リハビリテーション、介護を行う場として、他の公共施設にはない細やかな配慮と、生活の場としての癒しが求められます。医療福祉施設のトイレの実態を調査・研究し、患者さんや医療スタッフが安全で快適に使えるトイレを提案し、広く普及をはかるため、2000年にトイレ関連企業5社が主体となって「癒しのトイレ研究会」を発足しました。

癒しのトイレ研究会主催セミナー
癒しのトイレ研究会主催セミナー

「HOSPEX Japan」で病院トイレを提案
「HOSPEX Japan」で病院トイレを提案

研究誌「病院と福祉のトイレ」
研究誌「病院と福祉のトイレ」

学校のトイレに関する調査・研究

学校のトイレは、一日の大半を過ごす生活の場として、子どもたちの健康面・心理面に与える影響が大きく、さらに地域開放や災害時の避難場所としても非常に重要です。子どもたちや地域の人々が安心して使えるトイレづくりを目指して、1996年にトイレ関連企業7社で「学校のトイレ研究会」を発足し、調査・研究や講演活動などを行っています。

被災地の学校トイレ調査
被災地の学校トイレ調査

中国建築学会での講演の様子
中国建築学会での講演の様子

研究誌「学校トイレの挑戦
研究誌「学校トイレの挑戦

非衛生的な生活環境の改善

水環境基金を通して、世界の国々で非衛生的な生活環境の改善に取り組む団体を支援しています。カンボジアでは、水道が整備されていない農村地域において、環境教育を行い、使用できない井戸の修理、浄水器の使用促進、植樹、苗づくり、清掃指導等の活動を行っています。モザンビークでは、安全な水へのアクセスが困難でコレラ等が蔓延し多くの死者が出ている地区に、井戸とトイレを設置。公衆衛生状態の改善に取り組んでいます。

Share

CLOSE