Menu

CSRの考え方と推進体制

Menu

English

CSRの考え方

TOTOグループは、CSR経営をCSRの取り組みにより「TOTOグループ企業理念」の実現を目指す経営と考えています。
「TOTOグループ企業理念」は、「社是」が伝えようとしている思想を基本とし、すべてのステークホルダーに対して、「企業としての存在目的」「事業領域」「在りたい姿」を示しています。

TOTOグループ経営に関する理念体系

社是

社是
1962(昭和37)年に制定。
「愛業至誠」は、「奉仕の精神でお客様の生活文化の向上に貢献し、一致協力して社会の発展に貢献する」という決意を表す言葉です。

TOTOグループ企業理念

私たちTOTOグループは、社会の発展に貢献し、世界の人々から信頼される企業を目指します。
そのために

・水まわりを中心とした、豊かで快適な生活文化を創造します。
・さまざまな提案を通じ、お客様の期待以上の満足を追求します。
・たゆまぬ研究開発により、質の高い商品とサービスを提供します。
・限りある資源とエネルギーを大切にし、地球環境を守ります。
・一人ひとりの個性を尊重し、いきいきとした職場を実現します。

CSR推進体制

2004年に「CSR委員会」および、CSR専任部署を設置し、CSR活動を開始しました。CSR委員会は、社長執行役員を委
員長として、年1回開催し、“環境(Environment)”・“社会(Social)”・“経営(Governance)”の3分野を俯瞰すること
で、事業活動とCSR活動の戦略的な統合に取り組んでいます。
 また、CSR委員会では、各分野を構成する部会が、推進計画を策定のうえ、関連部門、国内外のグループ会社に展開し、
部門横断的な活動を行っています。

CSR委員会の推進体制

CSR委員会の推進体制

CSRの社内浸透

TOTOグループでは、CSR経営の推進のため、社員のCSR意識の浸透に取り組んでいます。

国内での取り組み

CSRの教育資料を作成し、TOTOおよびグループ会社の新入社員や新任部課長を対象にした研修プログラムやe-ラーニングシステムを活用した学習や社内会議を通して、CSRの概論や具体的な取り組み、社会動向、今後の取り組みについて、浸透を図っています。

新入社員研修の様子
新入社員研修の様子

TOTOのe-ラーニングシステム
TOTOのe-ラーニングシステム

海外グループ会社での取り組み

海外グループ会社では、各国の実情にあわせた研修プログラムを実施しています。また、CSRの定着に向けた社員教育のため、英語版、中国語版の教育資料を整備しています。北京市に拠点を置き、中国事業を統括する、東陶(中国)では、中国内の部長を対象とした研修等の機会を活用し、企業文化の浸透を図っています。また、ベトナムハノイ市に拠点を置くTOTOベトナムでは、社内の定例会議時に企業理念を参加者全員で唱和するなど、意識の浸透を図っています。

中国での部長研修会の様子
中国での部長研修会の様子

TOTOベトナムでの企業理念唱和の様子
TOTOベトナムでの企業理念唱和の様子
Share

CLOSE