アフターサポート

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

お湯がぬるい(熱くならない)

水栓金具

浴室用

サーモ式水栓の場合、給湯機の設定温度が低いと、温度調節性能が十分に発揮できなくなります。適温(約40℃)でお使いいただくために、給湯機の設定温度 は50~60℃の範囲内での設定をおすすめします。

状況が変わらない場合は、こちらへ

洗面所用

サーモ式水栓の場合、給湯機の設定温度が低いと、温度調節性能が十分に発揮できなくなります。適温(約40℃)でお使いいただくために、給湯機の設定温度は50~60℃の範囲内での設定をおすすめします。
給湯機として小型電気温水器をご使用の場合、以下の内容をご確認下さい。 (出湯温度のタイプ違いで2通りあります)

1.適温出湯タイプ(代表例 自動水栓)の場合
高温の湯(タンク内)と水道水とを混合し、適温で湯を出す構造をとっていますので、夏場と比べ低くなる傾向があります。30℃程度あれば問題ありません。

2.高温出湯タイプ(代表例 シングルレバー水栓)の場合
貯湯式ではタンク内に給水された分だけ湯が出る方式をとります。冬場は水温が低いため、湯の使用量が増え、湯切れを起こしやすくなります。再度沸き上がるまでお待ち下さい。

お問い合わせ窓口のご案内

アフターサポートトップへのリンク