アフターサポート

印刷する

トイレのしくみ

トイレ:各部の名称

一見複雑そうに見えるトイレの内部ですが、しくみは意外と簡単。
いざというときのために、各部の名称と役割、そして水が出たり、止まったりする構造をよく理解しておきましょう。

便器について

大きく分けると腰掛便器(洋風便器とも呼ばれています)と和風便器の2種類。ここでは腰掛便器を中心に取り上げます。

腰掛便器のしくみ

水たまり
便器の水たまりには、下水管とトイレ内を遮断し、臭気が上がってくるのを防ぐ役割と、便器への汚物付着を防ぐ役割があります。水たまりの水位は排水路の「せき」 によって決まるため、量を多くしたり、少なくしたりといった調節はできません。

排水路
汚物を洗浄水とともに排出させる便器内の通路のこと。径が大きいほどつまりにくくなりますが、限られた水量で排水させるため、むやみに大きくはできません。このため便器に流せるものの種類や大きさには限界があります。

タンクについて

タンクにはいくつか種類がありますが、水を出したり、止めたりするしくみはだいたい同じです。
しくみさえ理解すれば、修理も意外と簡単です。

タンクの形


手洗付タンク


手洗なしタンク

タンクのしくみと部品の名称

ボールタップ
浮玉が下がれば給水し、浮玉が上がれば水を止めます。

オーバーフロー管
ボールタップが故障した場合、
タンクの外へ水があふれるのを防ぐため、この管から便器へ水を逃がします。

フロートバルブ
フロートバルブの開閉により、タンク内の水を便器へ流したり、止めたりします。このフロートバルブには、レバーハンドルと連動する鎖がついています。

止水栓
修理前に水を止めたり、水の勢いを調節する役割を果たします。

タンクのふたの外し方

[手洗付タンクの場合]

<タンクふたを持ち上げるだけでは外れないタイプ>
まずタンクのふたを垂直に持ち上げます。持ち上げるだけで外れるタイプもあります。持ち上げるだけで外れないタイプは、手洗金具とボールタップがのじゃばら管で接続されています。この場合は、まずふたを起こし、じゃばら管に接続している部分のナットを、手で左(反時計まわり)にまわすと外れます。

<タンクふたを持ち上げるだけで外れるタイプ>
レスティカ・CSRシリーズ
(タンクふた内側に樹脂カバーがあるタイプ)の場合

[手洗なしタンクの場合]
タンクふたを垂直に持ち上げると外れます。

注意
タンクふたは落とさないように注意する
破損してけがをするおそれがあります。

水が流れるしくみ

お問い合わせ窓口のご案内

最新のトイレの快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

ご自宅のトイレと比べてみてくださいへのリンク
アフターサポートトップへのリンク