アフターサポート

困ったキャビネットの扉ががたつく・ずれている

印刷する

天板を調整します

扉を調整することで、解消する場合があります。手順に沿って作業を実施してください。
また、扉の開き方によって対処方法が異なります。扉の開き方の確認方法はこちらを参照ください。

作業に必要な工具


  • プラス
    ドライバー

  • 六角棒レンチ

【天板の閉まる速さを調整する時に使用】 市販の六角棒レンチ(対辺4mm)をご使用ください。

※ご利用上のご注意
TOTO製品であってもこのコーナーの説明内容に該当しない製品もございます。
ご不明な点は、お使いの製品の取扱説明書をご確認いただくか、お客様相談室までご相談下さい。

確認と対応方法

天板の内側にある丁番がゆるんでいませんか?
キャビネットの天板ががたついたり、ずれたりした時は、丁番で調整してください。
※天板が閉まる速さも調整できます。

丁番の調整方法

天板を前後に調整します
天板を前後に調整する場合
  1. 調整ねじを回して前後調整してください。
注意
調整後は、ねじに緩みがないか確認してください。
天板を左右に調整します
天板を左右に調整する場合
  1. 固定ねじをゆるめてください。
  2. 金具を左右に調整してください。
  3. 固定ねじを締めてください。
注意
調整後は、ねじに緩みがないか確認してください。
固定ねじがゆるんでいると天板が外れる恐れがあります。
確実に締めてください。
天板を上下に調整します
天板を上下に調整する場合
ねじを回し過ぎると、ねじがきかなくなります。
  1. 固定ねじをゆるめてください。
  2. 金具を上下に調整してください。
  3. 固定ねじを締めてください。
注意
調整後は、ねじに緩みがないか確認してください。
固定ねじがゆるんでいると天板が外れる恐れがあります。
確実に締めてください。
天板の閉まる速さを調整します
天板の閉まる速さを調整する場合
  1. 調整ねじを回して天板の閉まる速さを調整してください。
注意 禁止 調整時に弱めすぎない 天板が速く閉まり、けがをするおそれがあります。
分解、改造をしない 器具が破損し、けがをするおそれがあります。

お問い合わせ窓口のご案内

最新のトイレの快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

ご自宅のトイレと比べてみてくださいへのリンク
アフターサポートトップへのリンク