アフターサポート

印刷する

ダイヤフラムを交換します

タンク内の水位は正常、レバーハンドルにも問題がないのに、水が止まらない場合はダイヤフラムを交換してください。
関連ページ:「トイレの水が止まらない」「ボールタップを交換しましょう

ステップ1止水栓の位置を確認します

  1. 止水栓の閉め方と調節方法」をごらんください。
注意
タンクふたは落とさないようにご注意ください。
破損してけがをするおそれがあります。
  1. 止水栓を閉めてから(マイナスドライバーで右に止まるまで回す)、タンク内の水を流す。
注意
ダイヤフラム部を交換するときは必ず止水栓を閉め、タンクの水を流してから行う。
止水栓を閉めないと水が吹き出して家財などをぬらす財産損害発生のおそれがあります。

ステップ2タンクのふたを開けます

手洗付タンクの場合、ふたを持ち上げるだけで外れるタイプと、タンクふたを持ち上げるだけでは外れないタイプがあります。

タンクふたを持ち上げるだけでは外れないタイプ

まずタンクのふたを垂直に持ち上げます。持ち上げるだけで外れるタイプもあります。持ち上げるだけで外れないタイプは、手洗金具とボールタップがのじゃばら管で接続されています。この場合は、まずふたを起こし、じゃばら管に接続している部分のナットを、手で左(反時計まわり)にまわすと外れます。

注意
タンクふたは落とさないようにご注意ください。
破損してけがをするおそれがあります。
タンクふたを持ち上げるだけで外れるタイプ

レスティカ・CSRシリーズ
(タンクふた内側に樹脂カバーがあるタイプ)の場合

注意
タンクふたは落とさないようにご注意ください。
破損してけがをするおそれがあります。

ステップ3タンクのふたを外して、中を確認します

  1. 浮玉レバーの取り付け部分(ダイヤフラム固定部分)の構造を確認します。
    ボールタップカバーがセットされている場合はボールタップカバーを外してからご確認下さい。

    ※セットされていない製品もあります。

お買い求め販売店、もしくは工事店、またはTOTOメンテナンスへご依頼ください。

お問い合わせ窓口のご案内

最新のトイレの快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

ご自宅のトイレと比べてみてくださいへのリンク
アフターサポートトップへのリンク