アフターサポート

困った便座・便ふたが割れた

印刷する

便座・便ふたを交換します
(便座・便ふた一式を交換)

ポイント
普通便座は、ご家庭で簡単に便座・便ふたの交換ができます。
傷が付いたり割れたりした場合は、新しいものに交換しましょう。

ステップ1便座・便ふたを取り外します

タイプ1の場合

モンキーレンチまたはトートー便座締付工具

取り付け・取り外しする際、工具が必要になります。
(モンキーレンチまたは、ご購入された際に同梱されていた専用締付工具)

ご使用の便座 ・ 便器によって専用工具が異なります。

専用工具のことでご不明な点がございましたら、お客様相談室へお問合せください。

  1. 便器の裏側、取付具の真下にある左右2カ所のナットを、矢印の方向に便座締付工具などでまわして、外します。
  2. 座金と三角パッキンを引き抜きます。抜けにくい場合は、まわしながら引抜きます。
  3. 便座を便ふたごと上に持ち上げます。
注意
便座を取り付ける際は、便座にがたつきがなくなるまでナットをしっかり締めこんでください。

タイプ2の場合

取り付け・取り外しする際、工具が必要になります。
(ご購入された際に同梱されていた専用締付工具)

ご使用の便座 ・ 便器によって専用工具が異なります。

専用工具のことでご不明な点がございましたら、お客様相談室へお問合せください。

  1. 便器の裏側、取付具の真下にある左右2カ所のナットを、矢印の方向に便座締付工具などでまわして、外します。
  2. 座金と三角パッキンを引き抜きます。抜けにくい場合は、まわしながら引抜きます。
  3. 便座を便ふたごと上に持ち上げます。
注意
便座を取り付ける際は、便座にがたつきがなくなるまでナットをしっかり締めこんでください。

タイプ3の場合

取り付け・取り外しする際、工具が必要になります。
(ご購入された際に同梱されていた専用締付工具)

ご使用の便座 ・ 便器によって専用工具が異なります。

専用工具のことでご不明な点がございましたら、お客様相談室へお問合せください。

注意
取り付け・取り外しする前に、必ず止水栓を締めて、タンクの水を抜いて下さい。
  1. 止水栓を締めてください
  2. 止水栓を締めた状態で、レバー回して水を流してください。
    タンクから水がなくなります
  1. タンクふたを開けてください
  2. タンクの中に手を入れて専用締付け工具(D29010ZR)を使用してボルトを緩め外してください
    (右図矢印部分参照)
  3. 便座・便ふたが外れます
注意
便座を取り付ける際は、便座にがたつきがなくなるまでナットをしっかり締めこんでください。

タイプ4の場合

プラスドライバー

取り付け・取り外しする際、工具が必要になります。
プラスドライバーをご用意ください。

注意
便座・便ふたの取り外し・取り付けのときは、便座・便ふたを必ず閉めた状態で作業してください。
  1. キャップを外してください
    (キャップが外れない場合は、市販の精密ドライバー(*)など、先の尖ったものを用いて外してください)
  2. プラスドライバーで両方のボルトを緩め、外してください
    (ボルトが完全に外れるまでドライバーで緩めてください)
  3. 便座・便ふたが外れます
*精密ドライバー
時計ドライバーともいい、腕時計やメガネなどの微小なねじを回すときに用いる

ゴムブッシュが外れてしまった場合

<ゴムブッシュ>
  1. 縮まっているゴムブッシュを左記の形になるように伸ばしてください
  2. 取付穴の上から押し入れてください
    (硬くて入らない場合は、少しぬらして入れてみてください)
注意
便座を取り付ける際は、便座にがたつきがなくなるまでナットをしっかり締めこんでください。

交換する部品

お問い合わせ窓口のご案内

最新のトイレの快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

ご自宅のトイレと比べてみてくださいへのリンク
アフターサポートトップへのリンク