アフターサポート

困った水の流れが悪い

印刷する

便器のつまりを取ります

ポイント
大量のトイレットペーパーを使ったときや、異物を落としたことに気付かず流してしまったとき、便器がつまってしまうことがあります。つまったものによっては専門の工事店さんでないと直せませんが、「ラバーカップ」という道具さえあれば直せる場合もあります。万一に備え、ご家庭で常備されることをおすすめします。

作業の前に

  • 円滑な作業のために必要な工具を用意しましょう。

作業に必要な工具


  • ラバーカップ

  • 灯油ポンプ

  • 雑巾(複数枚)

  • ゴム手袋

  • マイナスドライバー

  • ビニール袋
     (10L程度のもの)

  • バケツ
    (10L以上のものが望ましい)

知る・学ぶ

ラバーカップの種類について

ラバーカップには用途により種類があります。

ステップ1透明のビニールシートを用意します

  1. 周囲に汚水が飛び散らないよう、透明のビニールシートの真ん中に穴をあけ、ラバーカップの柄を通しておきます。

ステップ2ラバーカップでつまりを取ります

  1. 便器の排水口にラバーカップを密着させ、静かに押し付け、勢いよく引きます。排水が引き込まれるまでこれを繰り返します。
便器が詰まった場合、市販の詰まり除去用の器具(商品名:ラバーカップ洋式など)で詰まりを除去する。

便器の上面近くまで水位がある状態でラバーカップ洋式を押し込むと、タンクの排水弁が開き、汚水があふれることがありますので、手動ポンプなどを使い、水位が便器の上面より10cm以上低くなってからご使用ください。

ラバーカップ洋式はゆっくりと押し込んで便器に密着させ、一気に引き上げてください。トイレットペーパー以外の物が詰まった場合、配管が詰まる可能性がありますので、詰まりを押し流すのではなく、引き出してください。ラバーカップ洋式を使用して詰まりを解消できない場合は、専門業者へ依頼してください。

注意
詰まった状態で水を流さない
水を流すと汚水があふれて、家財などをぬらす財産損害発生のおそれがあります。

ステップ3バケツで水を流してみます

  1. つまりが取れたようなら、バケツで水を流し、スムーズに流れるかどうか確認します。このとき、いきなりタンクの水を流すと、つまりが取れていなかった場合に、便器から水があふれてしまいますので注意しましょう。

手順を動画でみる

ステップ4それでも流れが悪い場合は

以上の作業を行っても流れが悪い、その後もつまる場合は、歯ブラシやボールペンなどの異物が残っている可能性があります。このようなものはラバーカップでは取れませんので、専門の工事店さんに点検を依頼してください。

もし、お近くにお知り合いの水道工事店がない場合は、各地域の工事店の組合(管工事協同組合、管工事組合など)が運営している「メンテナンスセンター」などへ直接連絡してください。最寄りの水道局指定の水道工事業者を紹介してくれます。

お近くの水道工事店がわからない場合は下記「全国管工事業協同組合連合会」のリンクより、「本会会員団体」からお住まいの地域の団体サイトを選択し、推奨する水道工事業者リストより選んでください。

「全国管工事業協同組合連合会」サイトのページ、「iタウンページ」についての問い合わせは、受け付けいたしかねます。
それぞれの管理運営者へご連絡ください。

お問い合わせ窓口のご案内

最新のトイレの快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

ご自宅のトイレと比べてみてくださいへのリンク
アフターサポートトップへのリンク