アフターサポート

困ったトイレの水が止まらない

印刷する

レバーハンドルを交換をしましょう

ポイント
レバーハンドルの動きが悪くなると、途中でひっかかり、トイレの水が止まらなくなることがあります。
そんな時はレバーハンドルを交換しましょう。

作業の前に

  • トイレ(タンク内)の水が止まらない事象の解決方法です。
  • 状況を正しく確認し、確実に作業を行うために、必ずトイレの水道の止水栓(元栓)を確認します。
  • タンク内部に水がたくさん流れている場合は水位調節の際にタンクから水があふれる可能性がありますので、作業を始める前に止水栓を閉めましょう。

作業に必要な工具


  • マイナス
    ドライバー

  • モンキーレンチ

    • 耐水ペーパー

    • グリスまたは
      シリコンオイル

ステップ1タンクのふたを開けます

ふたの開け方は「トイレのしくみ」をごらんください。

ステップ2レバーハンドルを交換します

一般型タンクの場合
  1. 水を一度タンクから抜きましょう。
  2. タンク内のレバーハンドルの先に付いてる鎖を外してから、レバーハンドルを固定するナットを回し外して、レバーハンドルを引き抜きます。
  3. 新しいレバーハンドルをタンクに差し込み、パッキンをはめ、ナットで締めつけます。
    このとき、レバーハンドルの2つの突起が真上になるようにします。

タンク内のしくみと部品名称については、「トイレのしくみ」をご覧ください。

左図以外のタンクの場合の対処方法は、「取扱説明書」よりご確認ください。

ステップ3鎖を取りつけます

ステップ4止水栓を調節します

水位調節方法は「止水栓の閉め方と調節方法」をごらんください。

ステップ5タンクのふたを閉じます

ウォシュレット一体形便器(タンクが樹脂製のもの)のレバーハンドルの交換については、お買い求めの販売店もしくは工事店、またはTOTOメンテナンスへご依頼ください。

金属製レバーハンドルの場合

古い機種のタンクには、金属製のレバーハンドルが付いているものがあり、この場合は、次の手順で分解し、お手入をすると、作動が良くなることがあります。

オート・リモコン便器洗浄付きの場合、レバーハンドルの交換については、お買い求めの販売店もしくは工事店、またはTOTOメンテナンスへご依頼ください。

  1. フロートバルブの鎖を外し、ねじを外します。
    ねじが見えないタイプは、キャップの下にねじがあります。
  2. ハンドルを引抜き、軸をタンク内側へ引抜きます。
  3. 軸に付着した水あかやサビなどを耐水ペーパーで取り除きます。
  4. 汚れを落とした軸部にグリスやシリコンオイルを塗布します。
  5. 軸をタンク内側へ取り付け、ハンドルをはめ込みます。
  6. ねじで固定し、フロートバルブの鎖を取り付けます。

上記はあくまでも応急処置になります。それでも作動が悪い場合は、レバーハンドルを交換しましょう。

交換する部品

フロートバルブ

便器・タンクにより交換する部品の品番が異なります。品番検索画面よりご確認ください。

↑COM-ET(建築専門家のための情報サイト)にて、知りたい品番を検索することができます。

トートー ウェブショップで購入へのリンク

お問い合わせ窓口のご案内

最新のトイレの快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

ご自宅のトイレと比べてみてくださいへのリンク
アフターサポートトップへのリンク