アフターサポート

困ったトイレの水が止まらない

印刷する

ボールタップの部品を交換しましょう

ポイント
タンク内の水位は正常、レバーハンドルにも問題がないのに、水が止まらない場合は、(ボールタップ)バルブを交換してください。
またご使用のタイプによって、ダイヤフラムを交換してください。

作業の前に

  • トイレ(タンク内)の水が止まらない事象の解決方法です。
  • 状況を正しく確認し、確実に作業を行うために、必ずトイレの水道の止水栓(元栓)を確認します。
  • タンク内部に水がたくさん流れている場合は水位調節の際にタンクから水があふれる可能性がありますので、作業を始める前に止水栓を閉めましょう。

作業に必要な工具


  • マイナス
    ドライバー

  • モンキー
    レンチ

  • ラジオ
    ペンチ

ステップ2タンクのふたを開けます

ふたの開け方は「トイレのしくみ」をごらんください。

ステップ3タンク内の水位を確認し、水を抜きます

  1. レバーハンドルをまわし、タンク内の水を抜きます。

ステップ4水の出る管(ボールタップ)のバルブを取り外します

  1. 水が出る管(ボールタップ)をおさえながら、タンクにつながっている管に付いた袋ナットとツバ付きナットをモンキーレンチでゆるめて外します。
  2. タンクとつながっている外側の管が外れたら、水が出る管(ボールタップ)をタンクの内側に引っ張ると引き抜けます。

取り外し方は、横から給水するボールタップの場合です。

パッキン(小)が劣化している場合は交換しましょう。交換するパッキンはこちら

タンク内のしくみと部品名称については、「トイレのしくみ」をご覧ください。

ステップ5水の出る管(ボールタップ)のバルブを交換します


<THY584の場合>

<THY584-1の場合>

  1. ボールタップからピストンバルブを取り出し、新しいものに交換してください。 ピストンバルブは蝶ねじ2本を左に回して外すと取り出せます。

シートパッキンの上下の向きに注意してください。 (径の大きい方をピストンバルブにはめ込みます。)

ステップ6バルブを元に戻します

  1. 交換したバルブを水の出る管(ボールタップ)に下から上へ差し込みます。
  1. バルブがちゃんとはまったのを確認してから、蝶ねじ2本をパイプに差し込み、ラジオペンチで右(時計まわり)にまわして締め、水の出る管(ボールタップ)にバルブをはめ込みます。
  1. 水の出る管(ボールタップ)本体をタンクの内側に取り付けます。
  1. 水の出る管(ボールタップ)をおさえながら、タンクの外側に袋ナットとツバ付きナットをモンキーレンチで取り付けます。

ステップ7止水栓を調節します

  1. タンク内の水位を調節します。
    タンク内の水位調節方法は「止水栓の閉め方と調節方法」をごらんください。

ステップ8タンクのふたを閉めます

レスティカ・CSRシリーズのダイヤフラム交換、デリシア・ロマンシアシリーズ(タンク番号:S810B・S830B・S831B)、ウォシュレット一体形便器(タンクが樹脂製のもの)のバルブ交換については、お買い求め販売店、もしくは工事店、またTOTOメンテナンスへご依頼ください。

交換する部品

ボールタップのバルブ

便器・タンクにより交換する部品の品番が異なります。品番検索画面よりご確認ください。

↑COM-ET(建築専門家のための情報サイト)にて、知りたい品番を検索することができます。

トートー ウェブショップで購入へのリンク

お問い合わせ窓口のご案内

最新のトイレの快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

ご自宅のトイレと比べてみてくださいへのリンク
アフターサポートトップへのリンク