アフターサポート

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

困ったアルカリイオン水生成器 設置時や使用中に水が漏れる

印刷する

水漏れの対処方法:タイプAの場合

タイプA

<TEK511>
アルカリ7 据置タイプ
<TEK512>
アルカリ7 据置タイプ

こちらに該当しない商品の場合は、タイプ一覧確認ページより再度選択しなおしてください。

先端分岐金具から水漏れする

先端分岐金具は確実に取り付けられていますか?

パッキンは入っていますか?

対処方法

先端分岐金具を取り付け直してください。

  1. 取付ナットを、ナット(グレー)の方へ押し下げて、パッキンが取付ナットに対して水平になっている事を確認してください。

    水平でないときは、パッキンを抜き取り、パッキンの方向に注意して取付ナットにまっすぐ差し込んでください。

  2. 外径に段差がある方が水栓側です。

  1. パッキンを水栓の吐水口部に差し込みます。

    パッキンが吐水口部にはまらない場合は、パッキンを取り付け直してください。

  1. 水栓と先端分岐金具を挟み込むように片手で保持して、取付ナットを水栓の吐水口部にまっすぐねじ込みます。

万一、上記の箇所を調べてみても水漏れが直らない場合、または上記以外での水漏れの場合は、修理を依頼してください。

ホース接続部分から水漏れする

給水・吐水ホースは確実に取り付けられていますか?

ホースクランプは確実に取り付けられていますか?

対処方法

給水・吐水ホース、ホースクランプを取付け直してください。

注意
ホースは、折れ曲がりやねじれがないように設置してください。
  1. 先端分岐のホース接続口に、給水ホース・吐水ホースを差し込みます。

    白・灰色ホースが長い場合は2本そろえてカッターなどで切ってください。

    ホース接続口とホースの色を合わせて差し込んでください。

  1. ホースクランプでホースを止めます。
    ホースクランプはホース接続口とホースの上をきちんと押さえるように締付けてください。 (カチカチカチと3回鳴るくらいが目安です。)

万一、上記の箇所を調べてみても水漏れが直らない場合、または上記以外での水漏れの場合は、修理を依頼してください。

本体から水が漏れる

ステップ1カルシウムキャップは確実に締まっていますか?

対処方法

カルシウムキャップを確実に締めてください。

  1. ケースはキャップに取り付けてから、本体に入れてください。

    ケースのみを入れると変形の原因になります。

  2. キャップは必ず閉めてください。

    取付後、キャップ部からの漏れが無いか確認ください。

中空糸膜カートリッジの押えふたが確実に取り付けられていますか?

中空糸膜カートリッジが確実にセットされていますか?

対処方法

中空糸膜カートリッジを確実にセットしてください。

●カートリッジの取り付け

  1. 本体の穴とカートリッジの突起部の位置を合わせて、新しいカートリッジを差し込みます。
  2. カートリッジカバーのつめを切り欠きに合わせて押し込み、止るまで回します。
注意
カートリッジが止るまでしっかり回しきり、カートリッジが抜けないことを確認してください。

●上ケースの取り付け

  1. 上ケース後ろの「押す」を押しながら上ケースを取り付けます。
  2. カルシウム補給口キャップを取り付けます。
注意
カートリッジ交換後、本体や水抜弁からの水漏れがないか確認してください。

万一、上記の箇所を調べてみても水漏れが直らない場合、または上記以外での水漏れの場合は、修理を依頼してください。

■ご利用上のご注意
本コーナーでは、TOTO製品であっても本ページの説明内容に該当しない製品もございますので、ご不明の場合はお客様相談室までご相談下さい。

アフターサポートトップへのリンク