アフターサポート

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

困ったアルカリイオン水生成器 水量が少ない

印刷する

水量の調整方法:タイプBの場合

タイプB

<TEK511B型>
アルカリ7 ビルトインタイプ

こちらに該当しない商品の場合は、タイプ一覧確認ページより再度選択しなおしてください。

吐水量が少ない

ステップ1通水時に、水質表示ランプは点灯していますか?
点灯している

通水時に水質表示ランプが点灯していれば適量範囲なので、そのままご使用いただけます。

正常です。

点灯していない
ステップ2水量が不足していませんか?
不足している

対処方法

開閉ハンドルまたは止水栓を開いてください。

不足していない
ステップ3ホースがつぶれたり、曲がったりしていませんか?
つぶれたり、曲がったりしている

対処方法

ホースのつぶれや曲がりを直してください。

つぶれたり、曲がったりしていない
ステップ4クエン酸洗浄を行っていますか?

対処方法

クエン酸洗浄を行って下さい。

カルシウム硬度の高い地域では、水に含まれるカルシウムなどのミネラル分がアルカリイオン水生成器の通水路に付着し、吐水量が減るなどアルカリイオン水生成器の機能を低下させることがあります。
このような場合には、クエン酸による洗浄をお勧め致します。洗浄は2週間に1回程度が目安です。
加熱洗浄後は活性炭内部が空になっていることと、捨て水から始まるため、クエン酸洗浄液を本体内部に行きわたらせることができません。かならず加熱洗浄後の捨て水が終わっている状態でクエン酸洗浄を行ってください。

クエン酸はお近くの薬局、ドラッグストアなどでお買い求めください。

クエン酸は食物のデンプンを原料として、発酵させて作られていますので、人体への害はありません。

注意
石けんなどで手をよく洗ってからクエン酸を添加してください。

  1. 浄水用ハンドルを閉めて、水を止めてください。
    活性炭加熱洗浄中でないこと( [洗浄/停止]ランプが消えていること)を確認してください。
  2. 水抜弁のボタンを押して捨て水ホース内の水を抜きます。
  1. カルシウム剤補給口のキャップを外してください。
    ケースが一緒に外れます。
    ケースにカルシウム剤が残っている場合は、きれいに取り除いてください。
  2. ケースにクエン酸を入れてください。
    クエン酸があふれないようにしてください。
  3. ケースをキャップに取り付けカルシウムキャップを締めます。
注意
アルカリ7本体へのキャップの取り付けは確実に行ってください。確実に閉まっていないと水漏れの原因となります。
  1. 本体内部にクエン酸洗浄液をいきわたらせるため、酸性水を2秒間だけ流します。
    アルカリ水の場合、クエン酸を中和し、洗浄効果が弱くなる場合があります。
  2. アルカリ7本体に通水せずに、30分以上、放置してください。
    洗浄中はアルカリ7をご使用できません。
    (原水はご使用できます)
  3. 洗浄後は30秒以上の捨て水をしてクエン酸洗浄液を洗い流してから、ご使用してください。
    捨て水はアルカリイオン水を流してください。
    クエン酸洗浄後のアルカリイオン水、浄水が酸っぱい時は酸味がなくなるまで捨て水を行ってください。
ステップ5カートリッジが目詰まりしていませんか?

対処方法

カートリッジを交換してください。


中空糸膜カートリッジ(TH637-1)

お近くの水彩ショップやTOTO Webショップにてお求めいただけます。

トートー ウェブショップで購入へのリンク

※カートリッジ交換ランプ点灯前に流量が少なくなった原因は、水道水中の汚れを除去する事により、流量が少なくなったと思われます。
これは、汚れ成分を除去するフィルターが有効に働いているためです。
新しいカートリッジと交換してください。

万一、上記『step1』~『step5』の箇所を調べてみても水質表示ランプが点灯しない場合は、修理を依頼してください。

■ご利用上のご注意
本コーナーでは、TOTO製品であっても本ページの説明内容に該当しない製品もございますので、ご不明の場合はお客様相談室までご相談下さい。

アフターサポートトップへのリンク