アフターサポート

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

困った卓上食洗機(ウォッシュアップエコ)でエラー表示が出る

印刷する

エラー表示の確認・対処をしましょう

ご注意

  • エラーの対処をしないで再スタートしても、同じ表示が出て運転が止まります。
  • を押すと、ランプは点滅状態のままブザーが止まります。
    (継続的に排水ポンプの音がする場合があります。)

操作部にこんな表示が出て、警報音が鳴ったら

警報音が「ピッピ・ピッピ」と連続して鳴ったら

どのような表示が出ていますか?

原因は…
給水不良(給水が出来ない)
  • 他の場所で大量の水を使用している。
  • 分岐金具の止水洗レバーが開いていない。
  • 分岐金具のフィルター付パッキンが目詰まりしている。
  • 断水・水道の連結
対処方法
  • 他の場所(風呂等)での大量の水の使用を止めてください。
  • 分岐金具を確認し、分岐金具が開いているか、またはフィルター付パッキンの目詰まりがないか確認してください。
  • 断水・凍結の場合は以下を参照のうえ、再スタートしてください。

上記の処置を行ったあとに、「一時停止/スタート」を押すと給水動作を再開します。電源を切るか「一時停止/スタート」を押して給水動作を再開するまで警報音が鳴りつづけます。

警報音が「ピピピ・・・」と連続して鳴ったら

どのような表示が出ていますか?

原因は…
給水不良(庫内の水が排水できない)
  • 異物のつまり
  • 排水ホースの折れ、立ち上がり
対処方法
  • 残さいフィルターを掃除してから、再スタートしてください。
  • 排水ホースが折れていたり、排水口側が立ち上がったりしない様ホースを調整してください。

上記の処置を行ったあとに、一度電源を切り運転をやり直してください。

原因は…
給湯温度の異常
  • 給湯温度が高すぎる
対処方法
  • 給湯機の温度設定を60℃に設定してください。
    高温給湯対応分岐金具を設定している場合は、故障していないか、湯・水の接続が正しいか確認してください。

上記の処置を行ったあとに、一度電源を切り運転をやり直してください。

原因は…
給湯温度の異常
  • 食洗機本体や水栓などが凍結するほど周囲の温度が低くなっている。
対処方法
  • 0℃以下にならない場所に設定してください。
    凍結している場合は以下を参照ください。

上記の処置を行ったあとに、一度電源を切り運転をやり直してください。

原因は…
水位異常
  • 洗浄機内の水位が異常に高くなっている。
対処方法
  • 分岐金具の止水栓レバーを閉じてください。「食器洗い乾燥機用専用洗剤」以外の洗剤を使用していないか確認してください。本体が水平に設置されているか、確認ください。

<食器洗い乾燥機専用洗剤以外を使用した場合>
「食器洗い乾燥機用専用洗剤」以外の洗剤をお使いになった場合、電源プラグを抜き、1時間以上放置した後、分岐金具の止水栓レバーを開き、【8分】コースを数回繰り返してください。

上記の処置を行ったあとに、一度電源を切り運転をやり直してください。

原因は…
異常給水不良
  • 洗浄機内の水位が異常に高くなっている。
対処方法
  • 本体が水平に設置されているか、確認ください。
原因は…
温風ヒーター異常加熱
  • 乾燥中に異常がある。
対処方法
  • 送風口または排気口を食器や異物などふさいでいないか、確認ください。
  • 残さいフィルターに残さいなどが詰まっていないか、確認してださい。

    残さいフィルターの清掃は、停止後30分以上経過してからおこなってください。

上記以外のランプが点滅(点灯)し、警報音が鳴る

分岐金具の止水栓のレバーを閉じ、電源プラグを抜き、どのランプが点滅(点灯)しているかを確認後、TOTOメンテナンスへご連絡ください。

ドアを閉め、「スタート/一時停止」を押すと、「ピピピッ」と警報音が鳴る

ドアが確実に閉まっていない状態で「スタート/一時停止」スイッチを押すと「ピピピッ」という警報音がなり、お知らせします。

確認方法
  • ドアを閉めるとき、取っ手の下を向いた面の中央を「カチッ」と音がするのを確認ください。
  • 再度ドアを開け、上下かごから食器や調理器具などがはみ出ていない確認してください。
  • かごの向きが前後逆に入れられていないか、確認してください。

対処方法

凍結・断水・停電・ブレーカーが作動したときの対処

凍結

1. 電源を切りドアを開けて洗浄槽に70℃程度の温水を約3L入れ、解凍するまで放置してください。
2. 解凍後、電源を「入」にし、「標準」コースで運転ができることを確認してください。

断水

1. 使用中に断水した場合は、電源を切り運転を中止してください。
2. 断水が回復したら、まず他の蛇口からにごった水を流し、はじめから操作をやり直してください。

  洗剤は再度入れてください。

停電・ブレーカー作動

作動前が洗浄中の場合
電力が回復したら、電源スイッチを「ピッ」という音が鳴るまで(約3秒間)押し続けてください。(標準コースのランプが点滅し、洗浄槽内に溜まっている湯を使って運転を再開できる状態になります。)

開始工程を選択する
洗浄スイッチを「ピッ」という音が鳴るまで(約3秒間)押し続けると、開始行程が切替わりますので、停電・ブレーカー作動前の行程を選んでください。

洗浄コースを選択する
洗浄スイッチを何度か押して、直前に運転していた洗浄コースを選んでください。スイッチを押すごとに洗浄コースが切替わります。
スタート/一時停止スイッチを押して運転を再開してください。

作動前が乾燥中の場合
電力が復帰したら、「乾燥のみ」で運転してください。

作動前の工程がわからない場合
電力が復帰したら、はじめから操作をやり直してください。(洗剤は再度入れてください。)

■ご利用上のご注意
本コーナーでは、2005年9月発売以降のTOTOシステムキッチンについての内容を中心にご紹介しております。そのため、TOTO製品であっても本ページの説明内容に該当しない製品もございますので、ご不明の場合はお客様相談室までご相談下さい。

アフターサポートトップへのリンク