アフターサポート

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

印刷する

乾電池の交換:タイプEの場合

ご注意

  • 電池ケースに水などの異物が入った場合は、電池接触不良の原因となるため、ふきとってきれいにしてください。
  • 乾電池は新しいものと古いもの、または違う種類のものを混ぜて使わないでください。寿命が短くなったり、乾電池が液漏れすることがあります。
  • 乾電池の寿命は通常の使い方で約1年です。ただし、付属の乾電池は工場出荷時に納められたもので、自己放電のため寿命が短くなっている場合があります。

用意するもの


  • 交換用電池 2個
    (単一・1.5V)
ステップ1機器が冷めていることを確認しましょう
ステップ2コンロ操作部を開けます

機器が冷めていることを確認してください。コンロ操作部の「押:開」付近を指で押してください。
・押し込んだ指を戻すと操作部が出てきます。

ステップ3操作部と操作部ふたを分けます

操作部ふたの両端上側を裏から両手で手前へ押してください。
・操作部と操作部ふたが分かれます。

ステップ4操作部を押し込みます

操作部を機器側へ押し込みます。
・ 電池ケースが引き出せるようになります。

ステップ5電池ケースを引き出します

電池ケースを止まるところまでゆっくり引き出します。

注意
電池ケースは、取り外せない構造になっていますので無理に引っ張ったり上から押さえたりしないでください。
ステップ6乾電池を交換してください

乾電池を図のように+-
を確認して正しく入れてください。

ステップ7電池ケースを収納します

電池ケースを奥までしっかり押し込んで本体に収納してください。

注意
電池ケースを収納するとき、手を挟み込まないように注意してください。
ステップ8操作部ふたを押し込みます

操作部ふたを機器側へ押し込んでください。
・ 操作部に操作部ふたがくっつき、元の状態になります。

ステップ9コンロ操作部を閉めます

操作部の「押:開」付近を指でゆっくり押してください。

■ご利用上のご注意
本コーナーでは、2005年9月発売以降のTOTOシステムキッチンについての内容を中心にご紹介しております。そのため、TOTO製品であっても本ページの説明内容に該当しない製品もございますので、ご不明の場合はお客様相談室までご相談下さい。

アフターサポートトップへのリンク