アフターサポート

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

困ったガスコンロが点火しない/点火しにくい

印刷する

点火用乾電池を交換します

ガスコンロは点火に電池を使用します。電池が消耗した状態だと、点火しにくくなったり、点火しなくなります。乾電池を新しいものに交換してください。

点火状況をチェックしてください

●点火操作時に出る「パチパチ」というスパーク音が、1秒間に3回ぐらいの遅さになっていませんか?
●標準バーナーを操作して点火しても、ツマミから手を離すと火が消えませんか?(他のバーナーは点火します)

上記の症状の場合、点火用の乾電池が消耗している可能性があります。ガスコンロの乾電池を交換してください。

作業開始、その前に

まず、ガスコンロの電池交換タイプを確認しましょう。

ガスコンロは機種によって乾電池交換のための手順が違います。
まず、「コンロのタイプを電池交換タイプを確認する」から、お使いの機種のタイプをご確認ください。
タイプは「A」から「F」まであります。

ガスコンロの乾電池ケース位置を確認しましょう。

ガスコンロは機種によって乾電池ケースの位置が違います。まずパネル前面を見て、乾電池ケースの位置をご確認ください。
(「タイプF」のみ、ケース位置はキャビネット内となります)。

強火力バーナーが左側の場合は、電池ケースが左側(1)、強火力バーナーが右側の場合は、電池ケースが右側(2)になります。

電池を交換しましょう

用意するもの


  • 交換用電池 2個
    (単一・1.5V)

上記で確認した、お使いの機種の電池交換タイプを選択してください。
別ウィンドウが開き、各タイプごとの交換手順についてご説明いたします。

上記方法を試してみてもだめな場合は…トートーメンテナンスへご連絡ください

■ご利用上のご注意
本コーナーでは、2005年9月発売以降のTOTOシステムキッチンについての内容を中心にご紹介しております。そのため、TOTO製品であっても本ページの説明内容に該当しない製品もございますので、ご不明の場合はお客様相談室までご相談下さい。

アフターサポートトップへのリンク