アフターサポート

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

印刷する

スイッチを入れてもフードが作動しない

システムキッチンのフードが作動しない場合の対処方法についてお教えします。

故障?と思うその前のセルフチェック

周囲で停電など起きていませんか?電源のブレーカーは落ちていませんか?

停電の場合は復旧までお待ち下さい。
なお、ご家庭によってレンジフード(キッチン)用の個別ブレーカーが設けられていることがあります。ご家庭の分電盤をご確認いただき、個別のブレーカーも「切」になっていないかをご確認下さい。

お使いのフードがどのタイプかご確認下さい

「フードのタイプを確認する」でご確認下さい。外観や品番から確認できます。

お使いのフードタイプにより、下記のグループAかBをお選び下さい。

●グループA

・スーパークリーンフード
・しまえるクリーンフード
・サイドマントルフ-ド
・シロッコファンフード(高捕集タイプ)
・ノンフィルタースリムフード
・サイドフード/センターフード

●グループB

・シロッコファンフード(高捕集タイプ以外)
・換気扇付フード
・梁対応フード
・リモデルスリムフード

グループAの場合

ステップ1分電盤のブレーカーはキッチン用も含め「入」になっていますか
「入」になっていない場合

ブレーカーを「入」にしてください。
その後、フードのスイッチを「ロック」状態の解除が必要です。

「入」になっている場合
ステップ2フードの「運転切」スイッチを押した時、「ピピッ」と警告音が鳴りますか
警告音が鳴る場合

フードのスイッチが「ロック」状態になっています。

警告音が鳴らない場合

グループBの場合

ステップ1分電盤のブレーカーはキッチン用も含め「入」になっていますか
「入」になっていない場合

ブレーカーを「入」にしてください。

「入」になっている場合

●シロッコファンフード、換気扇付フードの場合
フード内部のコネクタの差し込みが不完全になっている可能性があります。

コネクタの差し込みに異常がない場合

●梁対応フード、リモデルスリムフードの場合

■ご利用上のご注意
本コーナーでは、2005年9月発売以降のTOTOシステムキッチンについての内容を中心にご紹介しております。そのため、TOTO製品であっても本ページの説明内容に該当しない製品もございますので、ご不明の場合はお客様相談室までご相談下さい。

アフターサポートトップへのリンク