アフターサポート

印刷する

キャップがひび割れしている

水栓金具のキャップがひび割れてしまったときの調整方法をご紹介します。

作業に必要な工具


  • ラジオペンチ

ご使用のタイプをご確認ください

ご使用の種類により対処方法が異なりますので、ご使用の水栓金具のキャップをご確認下さい。

TK611型・TK210型・TMG40型

THY614-4R#54R
TK611型用
※整流キャップ付

THY614-2
TK210型用
※整流キャップ付

THY614-7#G17M
TMG40型用
※整流キャップ付

TKJ30型

THY614-6
TKJ30型用 ※整流キャップ付

TKG31型

THYB10-1#G17M
TKG31型用 ※整流キャップ付

TK611・TK210・TMG40型の場合

ステップ1キャップの色や形を確認し、購入します
THY614-4R#54R
TK611型用
※整流キャップ付
TOTO Webショップで購入へのリンク
THY614-2
TK210型用
※整流キャップ付
TOTO Webショップで購入へのリンク
THY614-7#G17M
TMG40型用
※整流キャップ付
TOTO Webショップで購入のリンク
ステップ2キャップを交換します
  1. 整流キャップを、右(時計まわり)に手でまわして外します。
作業上のご注意
整流キャップの中にはパッキン・整流網が入っています(中から取出す必要はありません。)
  1. キャップに入っている樹脂ブッシュを、小指または先のとがったもので引抜きます。
  2. 吐水パイプ部を押さえながら、キャップをまっすぐに引抜きます。 固いときはまわすようにして引っぱります。
  3. 新しいキャップを、逆の手順ではめ込みます。
    吐水パイプについているOリングは、キャップからはみ出さないように注意。樹脂プッシュは奥まで確実に差込みます。

TKJ30型の場合

ステップ1キャップの色や形を確認し、購入します
THY614-6
TKJ30型用
TOTO Webショップで購入へのリンク
ステップ2キャップを交換します
  1. 古いキャップを外します。
  1. 先細ペンチ・針金などを使ってブッシュを引抜き、キャップを外します。
  1. Φリングを取り替えます。
  1. キャップ、ブッシュ、整流キャップの順に取り付けます。

TKG31型の場合

ステップ1キャップの色や形を確認し、購入します
THYB10-1#G17M
TKG31型用
※整流キャップ付
TOTO Webショップで購入へのリンク
ステップ2キャップを交換します
  1. 先のとがったもので、キャップ下面のA部の穴から爪部を押し込みながら、キャップを引抜きます。
  2. 新しいキャップに交換します。A部が穴にひっかかり、カチッという音がするまで差込みます。(Oリングも忘れずに。Oリングの切れを防ぐために石けん水を塗ってパイプにはめ込みます)

お問い合わせ窓口のご案内

アフターサポートトップへのリンク