アフターサポート

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

印刷する

温度調節がしにくい

温度調節がしにくい場合、下記の要因が考えられます。

作業に必要な工具


  • マイナスドライバー
  • 湯側と水側の圧力差が大きい場合。(特に、水側の水圧が高く、湯側の水圧が低いとき)
  • フィルターの詰まりにより流量が低下した場合。(フィルターにごみが詰まり流量が低下しているとき)

温度調節がしにくい場合の対処方法をご紹介します。

ステップ1止水栓を調節します

止水栓によって、水と湯の出る量を調節します(最適流量に調節してください)。
下記手順に沿って作業を実施してください。

水栓金具の種類により止水栓の位置が異なります。
ご使用のタイプをご確認の上、調節をお願いいたします。

  1. マイナスドライバーを使って最適流量になるように止水栓をまわして調節してください。
  2. 三角ハンドル式の止水栓の場合はハンドルをまわして調節してください。
上記内容で改善しない場合
ステップ2フィルターの詰まりを確認し掃除します

製品ごとにフィルターの位置が異なります。
「水の出が悪くなった」画面のフィルターのお手入れより、ご使用のタイプをご確認いただき、フィルターをお手入れしてください。
「水の出が悪くなった」は、こちらよりご確認ください。

お問い合わせ窓口のご案内

最新の水栓の快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

ご自宅の水栓と比べてみてくださいへのリンク
アフターサポートトップへのリンク