アフターサポート

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

印刷する

シャワーヘッドを交換します

洗面所の水栓金具の具体的な修理方法を紹介しています。
※知りたい修理方法がないときや上手くできなかったときは、お買い求めの販売店もしくは工事店、またはTOTOメンテナンスまでお問い合わせください。
レバーハンドルががたつくのはハンドルを固定するねじの緩みが考えられます。手順に沿って作業を実施してください。

作業に必要な工具


  • マイナスドライバー

  • プラスドライバー

  • 六角棒レンチ


市販の六角棒レンチ(対辺3mm)をご使用ください。

ご使用のタイプを確認ください

タイプによって対応方法が違います。注意してご確認ください。

止め輪があるタイプの場合

  1. 部品を紛失しないように排水栓を閉めてください。
  1. 【止め輪に切り欠きがあるタイプの場合】
    止め輪の切り欠き部にマイナスドライバーを入れ、引き抜いてください。
  1. 【止め輪に切り欠きがないタイプの場合】
    止め輪の左右に精密マイナスドライバー等を差し込み、引き抜いてください。
注意
怪我にご注意ください。

固定ねじがあるタイプの場合

  1. 部品を紛失しないように排水栓を閉めてください。
  1. 固定ねじを六角棒レンチで緩めてください。
    ※プラスねじの場合はプラスドライバーを使用。

ナット締め付けタイプの場合

  1. 部品を紛失しないように排水栓を閉めてください。
  1. ハンドシャワー根元のナットを手で緩めてください。
    (かたい場合はゴム手袋などをご使用ください)
ステップ2ハンドシャワーを外します
  1. ハンドシャワーを引き抜いてください。
注意
  • 引き抜きがかたい場合があります。

シャワーホース先端のパッキンは、右図のように竹串などでパッキンを外して交換してください。

注意
シャワーホース側にキズを付けないようご注意ください。
パッキンの向きにご注意ください。(開いている側が上です)
怪我にご注意ください。
ステップ3フィルターのお手入れをします(フィルターがある水栓のみ)
  1. ホースの先端にあるフィルターを外してください。
注意
ホースの先端にフィルターが無い場合は、ハンドシャワーの中に入っている可能性があります。
どちらにもフィルターが無ければ、フィルターが初めから付いていない水栓となります。
フィルターの形状は水栓によって異なります。
新品のフィルターがある場合は、新品のフィルターをご使用ください。
  1. フィルターを清潔な歯ブラシ等で掃除してください。
注意
紛失しないよう洗面器の上などで実施ください。
  1. ホースの中に残っているゴミを流すため、ホースだけの状態でゆっくりと水を流してください。
  1. シャワーホース先端にフィルターを入れてください。
注意
向きに注意してください(図を参照)。
ステップ4ハンドシャワーを取り付けます
  1. ハンドシャワーにシャワーホースを奥までしっかりと入れてください。
  1. 逆の手順で元通り組み立ててください。
    組み立て後、シャワーホースを引っ張って抜けないことを確認してください。
注意
止め輪に切り欠きがあるタイプの場合は、向きに注意してください(図を参照)。
  1. 水を流して水漏れがないことを確認してください。

シャワーヘッドの購入

シャワーヘッドの購入はこちらをご確認ください

お問い合わせ窓口のご案内

最新の水栓の快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

ご自宅の水栓と比べてみてくださいへのリンク
アフターサポートトップへのリンク