アフターサポート

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

困った水の出が悪くなった

印刷する

吐水口、フィルターを掃除します

水の出が悪い場合、吐水口、またはフィルターの詰りが考えられます。吐水口、フィルターのお手入れ方法をご紹介いたします。

作業に必要な工具


  • 歯ブラシ

ご使用のタイプを確認ください

吐水口のお手入れ

吐水口の形状によってお手入れの方法が変わります。


吐水口を操作するタイプ

切替スイッチタイプ
フィルターのお手入れ

ハンドシャワータイプの水栓はフィルターのお手入れが必要です。
水栓金具の種類によってフィルターの位置が変わります。 また、フィルターの無いものもあります。


ハンドシャワー根元

止水栓の上(サーモ水栓、先端止水機能付きのもの)

吐水口のお手入れをします

お掃除方法 タイプ1の場合 (ノーマルタイプ)
  1. 吐水口キャップを回して、外してください。
    外れにくい場合は工具などを使用して外してください。
注意
泡まつキャップ、吐水口キャップ形状は製品によって異なります。
  1. 吐水口キャップや網に詰まったゴミや汚れを歯ブラシなどで取り除いてください。
  1. パッキン、泡まつキャップ、吐水口キャップの順に取り付けてください。
注意
泡まつキャップ、吐水口キャップ形状は製品によって異なります。
お掃除方法 タイプ2の場合 (シャワー切替タイプ)
≪吐水口を直接操作するタイプ≫

吐水口を直接操作するタイプ(操作レバーのあるものと無いものがあります)

  1. マイナスドライバーなどで、吐水口キャップを回して外してください。
    製品によっては付属の吐水口開閉工具を吐水口キャップの切り欠きに差し込み、回して外してください。
注意
キャップには網一体タイプ、別体タイプがあります。
  1. 切替部を左側いっぱいに回してください。
  2. プラスドライバーで固定ねじをゆるめて切替部を外してください。
注意
切替部を外した状態で水を出さないでください。
水が飛び散るおそれがあります。
  1. 吐水口キャップ、切替部の小穴に詰まったごみや汚れをブラシなどで取り除いてください。
  1. 切替部を製品に取り付けてください。
注意
切替レバー付きのタイプは角度に注意して取り付けてください。
  1. 固定ねじを固定してください。
注意
固定ねじを締め付け過ぎないように注意してください。
部品の破損に繋がるおそれがあります。
  1. 向きに注意して吐水口キャップを取り付けてください。
お掃除方法 タイプ2の場合 (シャワー切替タイプ)
≪切替スイッチタイプ≫
  1. 散水板を回して外してください。
注意
製品によって、泡まつキャップの代わりに複数枚の網が入っています。
散水板を外した状態で切り替え操作や水を出したりしないでください。水が飛び散るおそれがあります。
  1. 散水板、キャップ、網に詰まったごみや汚れをブラシなどで取り除いてください。
  1. 散水板に泡まつキャップ、または網をセットし取り付けてください。

フィルターのお手入れをします

お掃除方法 タイプ3の場合
(フィルターの位置がハンドシャワー根元のタイプ)

「シャワーヘッドを交換します」よりご使用のタイプをご確認いただき、シャワーヘッドを取りはずした後、「シャワーヘッドを交換します」の 【STEP3:フィルターをお手入れします】を参考にフィルターをお手入れしてください。
「シャワーヘッドを交換します」はこちらよりご確認ください。

お掃除方法 タイプ4の場合
(フィルターの位置が止水栓の上(サーモ水栓、先端止水機能付きのもの))
  1. 右図より、キャビネット内でフィルターがどこに付いているかを確認してください。
  1. 湯側、水側の止水栓を閉めてください。
注意
止水栓を閉めずに作業を進めると甚大な漏水に繋がります。
詳細は「止水栓の閉め方と調整方法」を参照ください。
  1. <一般地用>
    製品同梱の開閉工具をふたに差し込み、ゆるめてフィルターを取り出してください。
注意
開閉工具が無い場合は、平板形状の物で代用してください。


  1. <寒冷地用>

    スパナなどの工具を使用してふたをゆるめてフィルターを取り出してください。
注意
フィルターは、湯側・水側の2ヶ所あります。
湯側はフィルター部が熱くないことを確認してから作業を進めてください。
  1. フィルターに詰まったごみや汚れをブラシなどで取り除いてください。
  1. フィルターを取り外した逆の手順で、フィルターを取り付けてください。
    またフィルター取り付け後、止水栓を開いてください。
  2. 水栓金具から湯・水を流したり止めたりを繰り返しながら、キャビネット内に漏水がないことを確認してください。

お問い合わせ窓口のご案内

最新の水栓の快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

ご自宅の水栓と比べてみてくださいへのリンク
アフターサポートトップへのリンク