アフターサポート

困ったぬるいお湯しか出ない・温度調節ができない

印刷する

温度調節ハンドルを設定する TUB40B5型

温度調節ハンドルを設定することで、解消する場合があります。手順に沿って作業を実施してください。

作業に必要な工具


  • プラスドライバー

  • 精密ドライバー

ご使用のタイプを確認ください

ご使用の水栓がLタイプかRタイプか確認して下さい。

温度調節ハンドルが向かって左にあります。
温度調節ハンドルが向かって右にあります。

ステップ1インデックス・座金付きねじを外します

注意
キャップは精密ドライバーなどの先の細いものを使用し、
めっき表面を傷つけないように注意しながら外してください。

ステップ2ハンドルを抜き取ります

ハンドルを適温(約40℃)になるまで回し、その位置でハンドルを抜き取ります。

注意
温度調節ハンドルが回転しないよう 気をつけて抜き取ってください。
適温にならない場合

あつい側いっぱいに回した位置で一度温度調節ハンドルを抜き、 安全ボタンを
・Lタイプの場合は上向き
・Rタイプの場合は下向き
にした状態で差し込んで、 最後調整してください。

図はLタイプの場合を示しています。

ステップ3ハンドルを取り付けます

抜き取ったハンドルを取り付けてください。
温度調節ハンドルの▲マークとストッパーの軸を合わせてはめ込み、座金付きねじを固定してインデックスをストッパーの軸に取り付けてください。

ステップ4温度を確認しください

お湯をしばらく流して温度を確認してください。

温度調節がうまくいかない場合

お買い求め販売店、もしくは工事店、またはTOTOメンテナンスへご依頼ください。

お問い合わせ窓口のご案内

最新のトイレの快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

ご自宅のトイレと比べてみてくださいへのリンク
アフターサポートトップへのリンク