水まわりでの上手な節電方法

このたびの震災による電力不足をうけ、水まわりでご使用中の製品において、使い方の工夫でさらに節電できるポイントをまとめてご紹介いたします。

パブリック向け商品

温水洗浄便座(ウォシュレット)

  • 便座と温水の温度設定を下げましょう。
    季節や気温に応じ、便座温度・温水温度をこまめに調整しましょう。
    夏場は便座の暖房を切りましょう。
  • 使わないときには便ふたを閉めましょう。
    便座の暖房機能を設定中の場合、ご使用時以外はふたを閉めることで放熱をふせぐことができます。
  • 節電機能(タイマー節電やオフタイム節電等)を有効に活用しましょう。
    節電中は便座ヒーターや温水ヒーターの設定温度が下がったり、ヒーター電源をオフとすることで、消費電力をおさえることができます。(機種により仕様は異なります)

詳しくは、取扱説明書をご確認ください。
お手元に取扱説明書が無い場合は取扱説明書より検索ください。

ページTOPへ戻る

小型電気温水器

  • 沸かし上げ温度が調節できるタイプは、沸かし上げ温度を低めに設定しましょう。
  • 節電機能(ウィークリータイマー、おまかせ節電等)を有効に活用しましょう。
    使わない時間帯や曜日にはヒーターをオフとすることで消費電力を抑えることができます。

詳しくは、取扱説明書をご確認ください。
お手元に取扱説明書が無い場合は取扱説明書より検索ください。

ページTOPへ戻る

ハンドドライヤー(クリーンドライ)

  • 冬場以外は、ヒーターを「OFF」にしましょう。(ヒーター有タイプのみ)

詳しくは、取扱説明書をご確認ください。
お手元に取扱説明書が無い場合は取扱説明書より検索ください。

ページTOPへ戻る